一時期あった息子のパパ嫌期、それが愛娘にも起こるのではないかという一抹の不安

スポンサーリンク
スポンサーリンク

イヤイヤ期。

息子のそれは突然、

何の前触れもなく始まった。

一歳半くらいだったか

夜のオネムの時間

普段通りに一緒に床に着くと

『パパ、イヤっ』

『ママがいいっ!』

あらら💧

今日はご機嫌がななめかなと

その時は思っていましたが、

イヤイヤはその後も一向に収まる気配は

ありませんでした。

何をするにもすごく拒否られて

『パパせんで!』

『あっち行って!』

とまで言われる始末。

これまで怒ったこともなかったし、

折檻したことも当然ないです。

愛情しか注いでこなかったはずなのですが

それは突然始まりました。

友達や会社の皆に、

家族のため、息子のためなら死ねると

公言していた私にとって

パパ嫌期はすごく悲しい出来事でした。

現在一歳二ヶ月のお姫

考えたくもないですが、

溢れんばかりの愛情を注ぎ

溺愛してるお姫に

パパ嫌なんて言われた日には、

ショックどころか

立ち直れる気がしません💦⤵️⤵️

きっと心がへし折れることでしょう💧

しかしもしその時が来たとしても、

一生愛していくことには変わりないので

前もって心の準備をしておく必要があります。

お姫は最近自己主張もはっきりしてきて

イヤなものはイヤと

はっきりと態度で示すようになってきてます。

もうその来るべき時は近いのかもしれません。

今思えば息子のイヤイヤ期、

お姫を出産間近から始まったので

それもきっかけだったのではないかと。

お腹にいるお姫に

毎日絵本を読み聞かせたり、

妻とお姫の名前を決めるために

お喋りする時間が長くなっていたり。

今でも妻とお話をしていると

大声を出して間に割って入ってくる傾向があるので

やきもちもその一つの原因かもしれません。

3才になった今は落ち着いて、

ママへのやきもちはありますが

普段の暮らしでイヤイヤ言われることは

なくなりました😊

f:id:Mopo-channel:20190908122001j:plain

最後に、

私がそのイヤイヤ期をどうやって乗り越えたか

その方法を伝授します。

寝ている子どもに思いっきり

愛情表現、スキンシップをとり

そのストレスを発散させる!!

です。

眠りについてるなら

イヤイヤなんか言えないので

その隙にたくさん肌と肌を寄せあい

いっぱいチュチュしてしまいましょう🎵

とにかく辛かったイヤイヤ期。

またその時期が来れば報告しますが

ホントにお姫からだけは

イヤイヤ言われたくないので

その時期が来ないよう、

今年の七夕の短冊に

こっそり願いをこめました🎋

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

【いつまでも仲良くね💗兄妹】

コメント

タイトルとURLをコピーしました