続、絵本を読み聞かせるということ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

わが家では子どもが産まれて間もない頃から

 

絵本を読んで聞かせている。

 

理由は以前の記事に。

 

 

www.mopo-channel.com

 

月に2、3冊購入し

 

図書館にいっても大量の絵本を借りている。

 

 

こうなってくると子どもに絵本読みが定着し

 

時間があれば子どもから催促してくる。

 

 

【子どもが好きな絵本ベスト3】

 

www.mopo-channel.com

 

面白い絵本を見つけたので一つ紹介してみる。 

 

【1つぶのおこめ】

 

保身のために国民を見捨てる王様。


その時町娘が考えついた策とは



1粒×1粒

2粒×2粒

4粒×4粒、これを30日間続けると…

 

 

これは読んでいて物語が気になってしまい

子どもを置いてけぼりで

どんどん読み進めてしまいました。

算数の要素も含まれ頭の体操もでき


読んでほしい一冊となりました。

たかが絵本と侮るなかれ

絵本といえど大人が読んでも

楽しめる絵本は数多くあります。

これからも定期的に

紹介していこうかと思っております。

最後に

知名度はあるがハマらなかった作品 

【えんとつ町のプペル】

芸人が書いた絵本で

絵もキレイで内容もすごく良かった。

絵本にしてはなかなかの長編なので



私的にはラストにかけてもっともっと伏線があっても

よかったのではないかと思いました。

最後にグッとくるものがなかったので

感動のラストにもうひとつスパイスが欲しかったです。

そんな私に妻から一言、

『目が肥えすぎるのもいいけど

絵本にそれを求めてもね』

と、

ごもっともなご指摘がありました🍓

コメント

タイトルとURLをコピーしました