未分類

厳しい暑さでふと家族のことを想い、熱中症について真面目に調べてみた結果【わが家での納涼会】

今日も茹だるような暑さ。

何をするわけでもなくただ外にいるだけで

大量の汗が吹き出てくる💧

わが身はともかく

園での子どもたちのことも心配になってくる。

体温調節機能が低下している高齢者や

まだ体温を調節することができない

小児や幼児にとっては、

熱中症にかかるリスクがさらに高く

周囲の人々による注意が必要であると思う。

さらに最近では日常生活を送っているだけでも

熱中症にかかる人も増加しているという。

私は熱中症を今一度よく調べたみた。

去年2018年は

熱中症による

救急搬送者・死亡数が大幅に増加。 

総務省の平成30年5月から9月までの

熱中症での救急搬送状況は95.137人で

そのうち死亡者数は160人。

熱中症は重症の場合は死に至る可能性がある一方で

水分補給などの予防法を理解し実践することで

防ぐことができる。

たとえ熱中症にかかったとしても、

応急処置方法を知っていれば

重症化を回避し後遺症を軽減できる。

年々暑さも増してきているような感覚なので

2019年は前年を上回る被害が予想されそうだ。

梅雨も明けこれからの本格的な夏を前に

熱中症の基礎知識と防止策

応急処置を今一度確認しておきたい。

💮まず体調を整える。

💮服装に注意

通気性の良い洋服を着て

外出時にはきちんと帽子を被るようにしよう。

💮こまめに水分補給

のどが渇いたと感じたときには

すでにかなりの水分不足になっていることが

多いようです。

💮年齢も考慮に入れて

体内の機能が発育途中の子供や

体力が衰えはじめた高齢者は

熱中症になりやすい傾向があります。

もし熱中症になってしまった場合

応急処置の方法として、

💮涼しい日陰やクーラーの効いた室内などに移動する

💮衣類をゆるめて休む

💮体を冷やす

氷や冷たい水で濡らしたタオルを手足に当てます。

氷や冷たい水がない場合はタオルやうちわ

衣服などを使って扇ぎ風を送って冷やしましょう。

💮水分を補給する

水分だけではなく汗によって失われた

塩分も補給する必要があります。

スポーツドリンクなどを

少しずつ何回にも分けて補給しましょう。

これは自分でできる応急処置です。

軽い症状の場合はこれで良い場合もありますが

気分が悪くなるほどの症状の場合

周囲の人にサポートしてもらう必要もでてきます。

わが家では子どもたちのために

遊びながら涼をとれるよう

水浴びをさせています✨

f:id:Mopo-channel:20190801172110j:plain

このシーズンでは熱中症の他に

海やプールでの水難事故にも注意が必要です。

まだまだ暑い夏は続きますが

万全の目配りと予防策を持って

こまめな水分補給を行い

この夏を家族皆で乗り越えていきたいです🍓

-未分類

© 2020 もぽログ Powered by AFFINGER5