【人体の神秘】世にも奇妙な物語

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私は幼い時からあるコンプレックスがある。

コンプレックスの使い方を

間違っているかもしれないが、

是非最後まで私の話を聞いてほしい。

私がそれを感じ始めたのは

小学校の低学年くらいで、

物心がついてやや時間が経った位だと思う。

私には回りの皆にはないものが

産まれつき身体に表れていた。

痣(あざ)

私の左太ももの裏側には

産まれつき赤々とした痣が浮き出ている。

卵の黄身をある高さから落として

弾けて広がったような

直径7~8cmほどのいびつで大きな痣だ。

当時半ズボンを履いて学校に登校していた私は

まわりの子どもたちから見られ、聞かれ、

その悪意のない純粋な興味に

日々晒されていた。

夏の体操服も体育の水泳の時も半ズボンなので

今思えば小生の時は辛い思い出しかない⤵️

今となっては銭湯に行って痣を晒そうと

全く何も感じないが

小さいときはホントにこの痣が嫌いだった。

ここまでのお話は

単なる私の思い出話になるのですが

実はこの記事の肝、本質はここからなのだ。

私が以前に書いたこの記事。

【今回の記事に密接に関係しております。
          ぜひ一読願います】↓↓
www.mopo-channel.com

そう、私の身体にはもうひとつ

産まれつきの症状があり

それが単腎臓。

左の腎臓が産まれつき無かったのだ。

それを初めて知ったのが

会社の健康診断でのエコー検査。

私自身30数年間

全く気付かずにここまで生きていた。

産まれた当時の医療機器では気付かなかったのか

何なのかその原因はわからない。

単腎臓が発覚して両親に報告した私は

笑い話でその場を終えるのだろうと

軽い気持ちで話していましたが、

母の何気ない一言に

体中の血の気が引き、背筋が凍りました💧

『あんた、腎臓左足に忘れてきたんじゃないw?』

その場では聞き流したその言葉、

よくよく考えてみると

確かにそう思う所はあるのだ。

痣自体が

普通の皮膚が変色してできるそれとは

あきらかに違う痣で、

すごく立体的で左の太ももからは

少し浮き出ていますし

大きさも拳大で

私が成長するに連れて

どんどん大きく成長してます😓

昔から一般的な痣とは違うな~とは

感じていたのですが

母の一言で私の中で

長年の謎が溶け確信に変わったような気がします。

しかしそんなこと

実際に起こりうる事なのでしょうか😅

勝手な私の思い込みのお話になるのでしょうが

もし万が一それが事実だとしたら

人体って不思議としか言いようがない、、、

という今回の記事となりました🍓

コメント

タイトルとURLをコピーしました