【一国一城の主】帰ってこれる場所があるということ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も深夜に帰宅した私は、

早々にうがいと手洗いを済ませ
天使チャン💕たちがいる寝室へ向かう。

いつものように
はだけた衣類を整えお腹へタオルケットをかける。

こうして準備を終えると

ここから
私の欲求を解放する時間が始まる。

ぐっすり寝ている子どもたちに対し
ここぞとばかりに寄り添うのだ💓💓

決して起こさないように、そっと😊

しかしこれは遊びではない、戦いだ。

子どもたちを起こさずに
私の欲求を発散できれば私の勝ち。
起こしてしまえば敗けだ。

まずはよく観察する。

寝顔、寝相、寝間着すがた…

可愛い…可愛いすぎる😍💕💕

もうそんな戦いなんてどうでもよくなり
抱き上げ頬ずりしたい欲求を抑え、

愛娘のふくよかなほっぺを触る…ぷにぷに💓

腕や足やお腹も、ぷにぷに…気持ちいい😍

感触といい質感といい最高だ✨

ここからは肌と肌の触れ合い。

ほっぺを擦り付けたりチュチュ💕したり

わが家では毎晩肌と肌のせめぎ合い、
一進一退の攻防が繰り広げられる。

私はマイホームを建てた。

30半ばで妻と知り合い恋愛結婚の末、

有難いことに30後半で子宝に恵まれた👼

子どもはとても愛おしく💕
それから私の人生は一変し、

子どものいる生活は
これまでだらしなく生きてきた私に
摂生と活力を与えてくれた。

そんな大切な家族に対し
私は何がしてあげられるだろうと考えた。

何か財産を残してあげたい。

そう考えたとき導き出された答えが
マイホームであった。

土地を購入し完全オーダーメイドで構想9ヶ月、
家が建つまでの期間3ヶ月でマイホームが完成した。

これから生きていくうえで
何があっても家族が集える場所を造りたい。

この歳で大きな買い物にはなったが

私のその願いを込めた集いの場は
子々孫々まで受け継がれていってほしい。

今日の愛娘💕のほっぺの弾力は凄まじく
触れるものみな跳ね返されてしまう勢いだ。

私も負けじとほっぺや口唇で押し返す😤

どれだけ時間が経っただろう、
その攻防のすえ愛娘の鳴き声が部屋中に響いた😭

私は自分の欲望に負けたのだ。

娘チャン、起こしてゴメンね🌱

今週の戦績は2勝1敗となり
妻の冷ややかな視線を横目に寝室を離れ、

今日もひとり
ラップに包まれた晩餐へ手を伸ばすのである🍓

コメント

タイトルとURLをコピーしました