普段温厚な私でも憤りを隠せない件

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私は家族を愛している。

私は車やバイクの運転を日常行っていて
かれこれ15年は無事故無違反のゴールドライセンス保持者だ。

近年の車は昔とは比べ物にならないくらい
性能や利便性、安全面も格段に良くなっていて

普段の生活にはなくてはならない
文明の利器となっている🚘

大津で起きた交通事故。

車両同士の事故に
散歩中の園児や保育士が巻き込まれた。

そのタイミングが非常に悔やまれる。

赤信号のタイミングが一度ずれていたなら、
ここまでの事故にはならず
車両同士の交通事故で済んでいたかもしれない。

右折した容疑者の運転者曰く、

直進してくる車両に気付かなかった、、、

それに気付かないようであれば

これはもうハンドルを握って
アクセルを踏んで運転をしてよいレベルではなく

完全な運転不適合者だと私は思う。

しかし私たちもハンドルを握って運転するからには
この事故の当事者になる可能性は十分にある。

快適で便利な乗り物も
一歩間違えば鉄の塊の凶器と変わる。

私はこれからも運転する際は
スマホは触らない、テレビはつけない、
飲んだら乗らないを徹底していく。

事故は被害者を苦しめるだけではなく

当事者は当然罪の十字架を一生背負い
家族まで不幸のドン底にたたき落としてしまう。

私は妻や可愛い子どもたちを

一瞬の気の弛みの事故で
絶対に不幸になどさせたくない。

私は家族を愛している。

コメント

  1. kosumosucyan より:

    はじめまして。
    大津の事故、言葉では言い表せない怒りがこみ上げてきます。
    私はあの事故現場から車で10分ほどのところに住んでます。
    湖岸道路で景色良く、見晴らしよく・・
    しかし交通量の多いところです。
    運転手の供述では前を見てなかったとか。
    運転資格なしですね。
    わずか2歳10ヶ月で生涯を閉じ、またご両親の心中を察すると
    二度とあってはならないことと思います。

タイトルとURLをコピーしました